SEX前は●●をすることで快感倍増!

SEXをより楽しみ、快楽を増大させるためのもっとも基本的な習慣として挙げられるのが、「SEX前には禁欲をする」ということです。

【男性のオナニーは要注意】

男性のオナニー、つまり自慰行為はSEX本番での快楽を減退させてしまう可能性があり、注意しなければなりません。最近ネットなどでよく見かける「床オナ」など、女性の膣内で得られる締め付けを超えた刺激を与えてしまうことで、SEX中に快楽が著しく減退してしまうことが明らかとなっているのです。

【禁欲で体が敏感になる】

男女問わず、性欲を抑えながら生活しておけば、いざSEXをする際に全身が敏感になり、より手早く大きな快感を得ることができます。特に男性の場合はそれが顕著で、禁欲後の挿入時は非常に満足感が大きくなり、射精時の精液量も増えるため快楽は格段に増大します。
射精時の快感はペニスを精液が通る際に決定づけられるため、精液の漁が多ければ多いほど快感は大きくなるのです。

【禁欲のしすぎは逆効果!】

とはいえ、長期間の禁欲をしすぎた場合は逆効果となってしまいます。
男性の場合は精液が満タンになるまで3日程度と言われていますが、それ以後は体内で分解吸収されてしまうので一定量を超えて溜めることはできません。
女性もSEXから遠ざかりすぎると、かえって快感を得ることができなくなってしまい、場合によってはSEX中に痛みを伴ってしまうことがあるため、注意が必要です。
以上のことから、SEX前の禁欲は1週間程度を目安としておいたほうがよいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ